Point01

インプラントに変わるMTコネクター

Point02

良いかみ合わせで健康な毎日を

Point03

顕微鏡を取り入れた診察

Point04

体に優しい入れ歯で再び噛める喜び

HOME > 患者様の声

患者様の声

患者様よりお手紙をいただきました

患者様よりお手紙をいただきましたのイメージ

大正6年10月、都心で生まれ81歳になります。
覚えでは物心ついた頃より虫歯による歯痛・抜歯で苦痛の連続でありました。甘いものが好きで手入れもせず不摂生の結果であり自業自得の最たるものであります。
人の話で親がカルシウムを摂らなかった故だと自分の悪さを親の故にしたこともありました。
部分入れ歯、冠歯だらけも50歳を過ぎた頃、全面的に歯茎が腫れ歯がグラつき歯槽膿漏を宣告され少なくなった歯を総べて抜かれ遂に総入れ歯の生活となりました。然しながら歯痛からの解放で一安心でしたが、固いものはよく噛めない、歯茎が退化し間にものが挟まりその清掃、食べてるうちに入れ歯が落ちる等は日常茶飯事ですが、どうやらものが食べられるということで入れ歯の有難味を満喫して今日にいたりました。入れ歯とはこうゆうものだとの思い込みでした。
咀嚼が十分ではなく胃も悪く慢性の胃炎、潰瘍は持病となっておりました。
年月を経て、平成10年7月、食事中に下の入れ歯が2つに折れ、偶々近くで開業のはしもと歯科にお世話になることになった次第です。院長、橋本秀樹先生。先生のモットーは「歯の噛み合わせから全身の健康まで」です。折れた入れ歯は昭和58年に制作したもので15年も使用しており先生は修理して予備として置き、新しい良いものを作りましょうと言ってくださいました。
診療は型取りに始まり一ヵ月後には型が出来あがりました。この工程は長い間に何回も経験しており承知しておりましたが、橋本先生の診療はここからが今までと違っておりました。
出来た歯の噛み合わせ(ビニール状のものを噛みその痕を見る)左右の平均、片寄りを実に慎重に見る。周に1回位の診療で丁重に繰り返す。又上の歯の吸い付きが思い通りになっていないと修正され12月初めにやっとOKがでました。
2週間ほどですっかり口に慣れ痛みは全然なく、結構固いものでも食べられ咀嚼も十分に出来、おいしく感じられるようになり入れ歯でこのような環境を味わうことに感激している今日この頃です。
それは私の気付かない身体(胃腸はもちろん)の部分に良い影響を与えるものと信じております。
思い返しても今までの歯科医では歯そのものの噛み合わせを目で見ているだけで、ビニール状のもので噛み合わせをした覚えはありません。医療の進歩により方法も違ってくるのでしょうが、橋本先生に出会えたことを幸せに思い感謝しております。

M.Oさん

長期間にわたり治療をしていただき誠に有り難うございました。その間に、不具合や痛みもなく安心して通うことができました。
僕にとっては、歯医者さんのイメージを根底から覆す画期的なものでした。
本当にありがとうございました。

虫歯治療について

虫歯治療についてのイメージ
麻酔は行いません。安心して下さい。のイメージ

小さい虫歯 ⇒ 全て除去を基本
大きい神経に近い虫歯 ⇒ 3-Mix®法にて治療し、神経を保存

今までにこんな経験ありませんか?
虫歯があって、歯科医院へ行き、麻酔をして治療してもらったら、後でしみたり、痛みが続いたという経験や、あるいは虫歯を除去していったら神経に達していると、その場で先生に「神経を取りますよ!」と言われたことはありませんか?それが歯を失うことに近づいているのです。

麻酔をして痛みがないということは、必要以上に大きく削ってしまい、健康な部分まで削りすぎる危険があります。
麻酔で痛みの知覚が無ければ患者さんは痛くなくて安心ですが、それ以上に実は、治療している先生が安心なのです。
なにしろ痛くないのですから、削りすぎても安心です。

痛み=生体防御反応です。 痛み=悪い ことではないのです!重要な生体の反応でメッセージです。それ以上は危険ということです。歯のエナメル質は削っても痛みはありませんが、その下の象牙質を削ると痛みがあります。それは生きているからです。

私は虫歯を除去しながら、痛みが出る部分はそれ以上の削合は危険と考えています。だからそれ以上は、慎重にていねいに除去していきます。手用器具で少しずつていねいに。キーンという器械で削るのは、できるだけ最小限にとどめています。

できるだけ自分の健康な歯(エナメル質、象牙質、セメント質)を削り取らないほうが歯は長持ちします。さらに神経を取ってしまったら…最悪です。なにしろ、生まれもって生えてきた歯ですから、どんなに高価なセラミック、金の歯よりも生体に合っているのです。当然あたりまえのことであると思いますが、いかがですか?
生体は自然治癒能力があるので、最大限それを引き出すことに努力して治療をしています。
生体にとって、何一つ不必要な部分はないはずです。それぞれ存在し、機能して意味があるのです。

人工物は何回再製作しても何の問題もないですが、それを再治療するとき、麻酔して天然歯を必要以上に大きく削ってしまうことが大問題です。それをくり返しているとやがて、神経を取ることになり、さらには抜歯ということになり、歯を失い、その後は義歯、インプラントという経過をたどっていきます。

人工物を装着して50年間維持し、経過を観察している歯科医師は世界でただ一人、ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)のアムステルダム(Morton Amsterdam, DDS, ScD)先生だけです。
それだけ人工物(補綴物)を長期にわたり維持管理することは至難の技なのです。つまり、人工物(補綴)をその人の噛み方などにあわせて作製し、調整することは難しいということです。だから、できるだけ人工物を装着しないように管理をすること、しかし、やむをえず装着するときは、天然歯をできるだけ残すことに努力し、そしてそれには麻酔をして削ったりしないことが一番であると考えています。

教科書通りの方法で、または大学卒業のレベルの歯科医に治療してもらうと、あなたの歯は喪失に一歩近づくかもしれません。

歯石の除去について

歯石の除去についてのイメージ
麻酔は行いません。安心して下さい。

歯石は、歯苔の石灰化の進んだ決着物で、約75%はリン酸カルシウムからできていて、知覚(痛み)はないのです。

例えば、爪、髪の毛を切っても痛みはありませんよね。しかし、引っぱると痛みがあります。
それと同様で、歯石を取るとき~痛みは、

と考えられます。だから麻酔をしなければ、痛みで生体としての限界がみえてきます。

歯科医院で歯石を取っているとき「痛い!」と言ったら、「じゃあ麻酔して取りましょう!取らなければなりません!」と言われた経験はありませんか?技術的には、麻酔なしで歯石を取ることは難しいことです。
ですから、歯科衛生士の経験と技術が必要となります。最低10年は臨床経験が必要ではないでしょうか?
あなたの歯石を取った歯科衛生士は何年くらい臨床経験がありますか?

以上のように当医院は、虫歯の治療、歯石の除去ともに麻酔を用いずに行い、痛くなく、快適な歯科治療を受けていただけるように、日々考え、勉強しております。
来院される患者さん、皆、ビックリされています。そして喜ばれています。大多数、治療中に寝てしまう方が多いことも事実です。

S.Nさん

以前治療した銀歯が取れて歯医者に通っています。私は、歯があまり強いほうではないことから、小さい頃は歯科に頻繁に通わらねばならなかったこともあり、歯科はトラウマの塊の様な場所です。
今までにも何箇所もの歯医者を試しましたが、苦痛と激痛と不快感しか思い出にありません。
ところが今回、ネットで調べに調べて発見したところに通っているのですが、凄く良いのです。
何より、麻酔なしで全ての治療を行うにもかかわらず、全然痛くない!今までに通った歯科では、麻酔をしないなんて事が無く、麻酔をすることが当たり前になっていて、しかもその麻酔が痛い!私の注射嫌いの原因と言って良い。
これが無いだけでも嬉しいですし、麻酔後の違和感を抱えることも無いので、凄く快適です。

何故、麻酔が不要なのか?歯医者さん曰く「悪いところを削るのであれば、痛いことは無い。悪くない所を削るから痛いのだ。もちろん、良いところを削らないように、また、痛くないように丁寧に削る必要はあるが」だそうです。実際に治療を受けている側(私)としても、削られているのが分かっているし、実際に痛くないので、感動すら覚え、歯医者さんに質問するに至ったわけです。
私は小さい頃、歯の治療で文字どうり、非常に痛い目を見てきたので、ちょっと、この歯科の信者になりそうです。