Point01

インプラントに変わるMTコネクター

Point02

良いかみ合わせで健康な毎日を

Point03

顕微鏡を取り入れた診察

Point04

体に優しい入れ歯で再び噛める喜び

虫歯治療

虫歯治療

虫歯治療のイメージ
麻酔は行いません。安心して下さい。

小さい虫歯 ⇒ 全て除去を基本
大きい神経に近い虫歯 ⇒ 3-Mix®法にて治療し、神経を保存

今までにこんな経験ありませんか?
虫歯があって、歯科医院へ行き、麻酔をして治療してもらったら、後でしみたり、痛みが続いたという経験や、あるいは虫歯を除去していったら神経に達していると、その場で先生に「神経を取りますよ!」と言われたことはありませんか?それが歯を失うことに近づいているのです。

麻酔をして痛みがないということは、必要以上に大きく削ってしまい、健康な部分まで削りすぎる危険があります。
麻酔で痛みの知覚が無ければ患者さんは痛くなくて安心ですが、それ以上に実は、治療している先生が安心なのです。
なにしろ痛くないのですから、削りすぎても安心です。

痛み=生体防御反応です。 痛み=悪い ことではないのです!重要な生体の反応でメッセージです。それ以上は危険ということです。歯のエナメル質は削っても痛みはありませんが、その下の象牙質を削ると痛みがあります。それは生きているからです。

私は虫歯を除去しながら、痛みが出る部分はそれ以上の削合は危険と考えています。だからそれ以上は、慎重にていねいに除去していきます。手用器具で少しずつていねいに。キーンという器械で削るのは、できるだけ最小限にとどめています。

できるだけ自分の健康な歯(エナメル質、象牙質、セメント質)を削り取らないほうが歯は長持ちします。さらに神経を取ってしまったら…最悪です。なにしろ、生まれもって生えてきた歯ですから、どんなに高価なセラミック、金の歯よりも生体に合っているのです。当然あたりまえのことであると思いますが、いかがですか?
生体は自然治癒能力があるので、最大限それを引き出すことに努力して治療をしています。
生体にとって、何一つ不必要な部分はないはずです。それぞれ存在し、機能して意味があるのです。

人工物は何回再製作しても何の問題もないですが、それを再治療するとき、麻酔して天然歯を必要以上に大きく削ってしまうことが大問題です。それをくり返しているとやがて、神経を取ることになり、さらには抜歯ということになり、歯を失い、その後は義歯、インプラントという経過をたどっていきます。

人工物を装着して50年間維持し、経過を観察している歯科医師は世界でただ一人、ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)のアムステルダム(Morton Amsterdam, DDS, ScD)先生だけです。
それだけ人工物(補綴物)を長期にわたり維持管理することは至難の技なのです。つまり、人工物(補綴)をその人の噛み方などにあわせて作製し、調整することは難しいということです。だから、できるだけ人工物を装着しないように管理をすること、しかし、やむをえず装着するときは、天然歯をできるだけ残すことに努力し、そしてそれには麻酔をして削ったりしないことが一番であると考えています。

教科書通りの方法で、または大学卒業のレベルの歯科医に治療してもらうと、あなたの歯は喪失に一歩近づくかもしれません。