Point01

インプラントに変わるMTコネクター

Point02

良いかみ合わせで健康な毎日を

Point03

顕微鏡を取り入れた診察

Point04

体に優しい入れ歯で再び噛める喜び

歯周病

歯周病・口内細菌検査

歯周病・口内細菌検査のイメージ

口の中の汚れ、歯周病の原因であるプラークを採り、位相差顕微鏡(ペリオセーバー)の細菌を検査する事により、口内の状況や病状の進行状況が確認できます。
歯周病は、正しい歯ブラシや、専門の医師にとってもらうことにより、進行を抑制したり歯肉の炎症を治癒することができます。
ですが、進行が進んでしまい、破壊されてしまった骨は元に戻ることは難しいです。歯周病は一度かかると完治する事がないと言っていいくらい難しい病気です。歯周病にかかる前に是非専門家による定期健診を受けられてはいかがでしょうか。

歯科検査報告書

歯周関連菌検査
歯の健康検査報告書

歯の健康検査報告書

歯の健康検査報告書のイメージ
  • 検査目的

むし歯と歯周疾患のリスクを調べます。
(初回検査・定期検査として使用できます。)

  • 問診項目
  1. 飲食・歯磨き
  2. 口腔内の様子
  3. 生活習慣
  4. 喫煙の状況
  • 診査項目
  1. プラークの状況(歯の汚れ具合)
  2. むし歯の経験
  3. 歯肉の状況
  4. 唾液の状態(量とpH)
  • 検査菌種
  1. ミュータンスレンサ球菌数(むし歯菌)
  2. ポルフィロモナス ジンジバリス菌数(歯周疾患関連細菌)

う蝕検査報告書

う蝕検査報告書のイメージ
  • 検査目的

むし歯のリスクを調べます。(むし歯専用検査として使用できます。)

  • 問診項目
  1. 1日の飲食回数
  2. フッ素の使用状況(洗口・塗布)
  • 診査項目
  1. プラークの状況(歯の汚れ具合)
  2. むし歯の経験(むし歯になった歯の本数)
  3. 唾液の状態(量とpH)
  • 検査菌種
  1. 唾液中の総レンサ球菌数
  2. 唾液中のミュータンスレンサ球菌数(むし歯菌)
  3. 1と2の比率
  4. 唾液中のラクトバチラス菌数(乳酸桿菌数)

歯周関連菌検査

歯周関連菌検査のイメージ
  • 検査目的

歯周疾患のリスクを調べます。(歯周疾患専用検査として使用できます。)

  • 問診項目
  1. 飲食・歯磨き
  2. 口腔内の様子
  3. 生活習慣
  4. 喫煙の状況
  • 診査項目
  1. プラークの状況(歯の汚れ具合)
  2. 歯肉の状況
  • 検査菌種(下記より2菌種と4菌種を選べます。)
  1. ポルフィロモナス ジンジバリス
  2. タンネレラ フォーサイセンシス
  3. アグリゲティバクターアクチノマイセテムコミタンス
  4. プレボテラ インターメディア